目次 english 籔半全メニュー あばうと籔半 蕎麦あらかると 蕎麦ヒストリー 街的蕎麦屋親爺

今の時季お奨めのおそば

アレルギーのお客様へ

晩夏から初秋は、蕎麦屋にとっていい酒肴があまりない時季です。
が、 解禁が終わったばかりのその年の雲丹の「しお雲丹」がやっと登場します。
じっくり、ゆっくり、がんばらないで、大人の楽しみを。

今の時季だからお奨め。日本海からのプレゼント《しお雲丹》 Shio Uni ¥470+税

雲丹とじ蕎麦

● 日本海を酒肴にしてしまう酒肴:塩雲丹

だれでも今日はシンプルにいきたい日って・・ある。

 そんなとき、ちょっぴり「しお雲丹」を箸の先でとり、嘗め、ちょっぴり純米酒・「ひこ孫」を呑む。
小さい蒼い炎がのど元をつうと走り抜け、思わずふうっと黄金の吐息が漏れる。

 舌にねっとりとまとわりつく「しお雲丹」は、北海道後志の日本海の荒磯の濃厚な香りを鼻の奥に充溢させ、そこに「ひこ孫」のベルベットのような芳醇なふくらみが、後を追って絡み融け込む。
塩辛い「しお雲丹」は、塩分摂取量が云々などという心配など吐息と一緒に流してしまう。
そう、輝く「しお雲丹」をマッチ棒の先ほどに掬い取り、 海をわが舌の上に!
そして、日本で最初に全量を純米酒製造に切り替えた「神亀酒造」の誇り、ボディの強い「ひこ孫」を一口。


そのとき・・・、他にお客がいる蕎麦屋の世界が自分一人だけのものになり、体の輪郭が蕎麦屋の空気に融け込み、散華するような恍惚感に包まれていく。

蕎麦屋酒の 至福の瞬間。

 

夏で消費したヘネルギーを取り戻す加賀の丸芋おろし《わさび芋》:Wasabi Imo ¥570+税

カレー蕎麦

 石川県能美市及び小松市で栽培されている「やまのいも」だけが
「加賀の丸いも」
と呼ばれます。
その粘りたるや、尋常ではありません。
ご注文を頂くと、若い衆が顔を真っ赤にして特大サイズの「鮫皮おろし」で、一気に摺りおろします。

わさび芋

北海道で見かける「長芋トロロ」と何処が違うかといいますと、第一にその「粘り」です。
これを召し上がって頂くには、長いもトロロのように醤油をかけてとくのではなく、おろした本ワサをちょっと摺り下ろした芋に載せ、箸でちぎりすくい取り、醤油をチョンとつけて頂きます。

この粘りの成分である「ムチン」が、体にいいのです。
連夜のアルコール漬けに、精力をつけるのに最適です。


定番《板わさび》:Itawasabi ¥570+税

板わさび

 板わさび:
「いたわさび」、それは居酒屋ではメニューにはあまりない。
あったとしても、居酒屋で「いたわさ」など注文するなど、なにか侘しい。
・・が 蕎麦屋で《板わさ》を注文すると、
いきなり《粋》の世界になってしまう 不思議な酒肴!

その粋な世界に今、安全・安心が問われはじめて「粋さ」などが壊れかけてきております。
すり身の主原料はスケトウダラですが、魚は旬があり、そのため、すり身を冷凍保管する必要がありますが、蒲鉾メーカーは長期保管を可能にする燐酸塩を加えてしまいます。
しかし、燐酸塩を使うと蒲鉾の表面が固くなり、食感を悪くしてしまう、

それで大規模な蒲鉾メーカーはこの表面のソフト感を確保するため、大豆蛋白を添加させ、そして次ぎに大豆臭さを隠すために油脂を添加している。
これが悪無限的に、折角の蒲鉾の本来の美味しさに決定的なダメージを与えてしまいます。

そう、生の状態を維持し保存温度を-35度で必要量を確保し、上記の添加物を加えていない、
そういう小樽の地場の蒲鉾屋さんの白板蒲鉾でこそ、粋な世界の蕎麦屋の《板わさび》を味わって頂きます。

 

江戸時代から蕎麦屋に続く酒肴《蕎麦巣篭もり》:Soba Sugomori ¥820+税

蕎麦・巣ごもり

 毎朝打たれる小樽・蕎麦屋・籔半自家製の蕎麦を「鳥の巣状に唐揚げ」します。
乾麺や製麺屋の生ソバを揚げても駄目なんです。
自家製の打ち立てのソバがナマのままでないと、鳥の巣状に空揚げ出来ません。
なんか簡単そうですが,ただ単純に揚げるんじゃないんですなぁ,
口にいれて、すぐサクサクほどけるような食感に揚げる、これが仲々難しい(^^)

それに海老・椎茸・筍・生麩を蕎麦つゆで軽く煮て、蕎麦屋独特の蕎麦つゆあんかけにして,たっぷりかけるてぇわけです。

蕎麦・巣ごもり2

 サクサク感ある唐揚げ蕎麦と,とろとろのあんかけのミスマッチ感で粋に頂く。
昔ながらの,蕎麦屋の酒肴です。
誰です、中華の「あんかけ焼きそば」に似ているっていう御仁は!

れっきとした日本蕎麦屋が誇る、古来からの蕎麦屋独特の酒肴なんですな。
江戸時代に、こんな粋なメニューを考え出した蕎麦職人に乾杯です。

このページのトップへ


店主からのお願い:
弊店では、蕎麦(麺)は北海道は後志(しりべし)は蘭越産ソバ粉、旭川の北五〇キロの江丹別産ソバ粉、同じく空知エリアの北竜町産ソバ粉で打った『地物粉麺』がございます。
それに上記北海道産ソバ粉と北米産ソバ粉をブレンドした『並粉麺』の二種類の麺をご用意しており、お客様のお好みでご注文の際どちらかを選んでいただきます。
『地物粉麺』はお値段の点で少々お高くなりますが国内産の特徴である、コシ、喉越し、風味に優れますし、『並粉麺』は先代創業から五〇有余年、永年のお客様にご支持を頂く弊店の原点の麺でございます。
どちらの蕎麦(麺)も、夏の燦々と照り続ける太陽と北海道の肥沃な大地の恵みのなかで育てるソバ栽培農家の「心意気」、そして毎早朝から額に汗を浮かべ蕎麦を打ちダシを取る蕎麦屋職人の「意地」、そう「心意気」と「意地」が織りなす世界でございます。
尚、お値段はすべて外税表示でございます。


About our soba-noodle,
We make our soba-noodle from two different types of buckwheat flour.
The one is “Jimono-ko”, which is grown in Etanbetsu area,Rankoshi Area, Hokuryu Area,in Hokkaido. 
The other is “Nami-ko”, which is blend of Hokkaido buckwheat flour and imported buckwheat from North America .  Please choose which you would like when you order.
The price of “jimono-ko” soba is a little bit higher, but its great flavour and rich aroma are what make it so special.  “Nami-ko”soba enjoys its popularity more than 60 years since the day of our establishment.
Without shining sun in summer, fertile and rich field in Hokkaido, and love and passion of buckwheat farmers and soba chef, this soba noodle can’t be exist.ss

* the price is excluding 10% tax.