目次 english 籔半全メニュー あばうと籔半 蕎麦あらかると 蕎麦ヒストリー 街的蕎麦屋親爺

日本遺産・小樽港北防波堤

歴代蒸籠  
ヒマをこしらえ小樽のまちへ来たらいい。

小樽という街は、例えばバスツアーなど急ぎ足で見て歩
くと、とても薄っぺらで安っぽい街だ。

が、のんびり散策してみると、とてつもなく分厚く重厚
豪勢な街だとわかる。
この街には、ハレとケ、聖と俗、ピンとキリが、団扇の
表裏にように、ぴったり合わさって露地の奥まで風を送り
込んでいる。
だまって一〇年通えば、小樽が自分の休日になる。 
つまり、休日に小樽に通うのではなく、小樽に通うことが
自分にとっての休日になる。

小樽に着いたらまずはなにはさておき、小樽運河にご挨
拶だろう。
信心不信心にかかわらず、この街の成り立ちと現在の賑
わいを見る、それが外来の仁義ってぇいうものだ。
よんどころなければ、JR小樽駅前からの遙拝でもまあ
いい。

蕎麦屋・籔半へは、それからだ。

  ほぉら、黒のエプロンドレスのスタッフが、常連一見の
分け隔てなく、席に案内してくれるのが心地いい。

 


まち的蕎麦屋であり続けたい

  ソバは手ごね麺機切りだ。
やや色黒の細麺の量は、江戸前に比すれば食事とするには丁
度の塩梅。
汁は、関西のお客様には辛い、もり汁ではある。
箸さばきで甘く香り立つ麺は、長年連れ添ったヴィンテージ
の呼気を発散し、お客様の全身を包む。
歳を重ねた家具調度は、黄昏のひとときを、この上なく和ま
す。
そう、ここでは、腹を満たすのではない、刻を満たすのだ。

籔半には蕎麦屋に求められるものはほぼ揃っている。
だが、それ以上のものはひとつもない。
特別洗練されているわけではない。
人をびっくりさせるものもない。
明治から続くソバ屋がある小樽では、まあ老舗に入るが、む
しろ拍子抜けするくらいだ。
が 、普段の空気が床と天井の間をスローモーションでゆった
りと対流するその空間っ振りがいい。

蕎麦屋の数だけソバ屋の理想とこだわりがある。
〜でなくてはならない、
〜であるべきだ
という、こざかしい批評は、憩いの空間には立ち入らせない。

だけれど、籔半でなくてはダメなんだという午後がある。
暑い時節には籔半の戸口が開け放たれる。 
南西の風が強い日には、石狩湾の水面をすべって日本海の潮の匂いが、ほのかに店内に流れ込んでくることもある。
そんな昼と夜の間に、籔半で、焼き海苔を蚕のように端からみみっちく食みつつ、徳利の「ひや」ちびちびやる。
外はまだ明るい。
ほのかに暗い店内で、大人たちがてんでに手酌で、つかの間のバカンスを紡いでいる。

年を重ねるのも悪くない、人生まんざら棄てたもんじゃない、って。

 

 実は、以下のような経歴・肩書きは全く好きではない。
というか、「肩書きなしこそ誉」と生きてきた。
が、唯一の肩書きがある。
・・・「蕎麦屋親爺」。
これに勝る肩書きはない。
しかし、70有余年生きてきて、色々お問い合わせをいただく。
致し方ない、以下でお許し願いたい。

株式会社 籔半(やぶはん)

1954年(s29年)12月10日 株式会社藪半設立 
創業者: 代表取締役 小川原 昇(あきら) 
女将    小川原 豊子

1984年(s59年)05月26日 代表取締役 小川原 格(ただし) 1948(s23)年10月1日生
女将 小川原 ひとみ

役職


北海道麺類飲食業生活衛生同業組合理事長(2011-2017退任):現在顧問
生活衛生功労・厚生労働大臣表彰:東京ホテルニューオオタニ:2008(h20)10/28 )
北海道一五〇年特別功労賞:北海道庁(2018/h30/09/04 )

小樽蕎麦商組合:組合長
(社)小樽観光協会・副会長(2011-2016退任):現在相談役
小樽市観光基本計画策定委員会副委員長(2008)
小樽市観光プロジェクト推進会議:第一期座長(2010)
小樽・雪あかりの路実行委員会:相談役(2011)
一般社団法人・しりべしツーリズムサポート:業務執行理事(2009)
後志地域総合情報誌《BYWAY後志発刊委員会》:代表(2006)

国土交通省・観光カリスマ(第6次選定20 04))
内閣官房都市再生本部地域活性化ナビゲーター(2007)
経済産業省・地域中小企業サポーター(2007)