トップページへ 目次ページへ メニューページへ

今月のおすすm

アレルギー症状のある方はこちらをクリックください。

 ( 注:すべてのメニューは8%の消費税がかかります。)

そば:辛味おろしせいろ:Karami Oroshi Seiro

辛みおろしせいろ_780

●そば・辛味おろしせいろ:¥800円+税(並粉), ¥950円+税(地物粉)
 北海道でも、毎秋、新しい品種の辛味大根が出回るようになりました。
 それまでは、本州産地から納品するため弊店に届くまでに辛味成分が抜けてしまうケースが多かったのです。
 弊店では、辛味が維持・継続する北海道後志は蘭越町産の「紫辛味大根」を産地直送で納品してもらい、ご注文ごとに卸して提供しております。
 「遠くで淡い緑」の新そばで、「辛味おろしせいろ」をぜひお楽しみください。

そば・2016H28 新そばせいろ:Shin Soba Seiro

新そばせいろ_780

●そば・新そばせいろ:¥700円+税(地物粉) 
 「新そば」、「秋新」と呼ばれる、秋に収穫されたソバをシンプルにせいろで。
  今年の北海道は、8月下旬から9月にかけての連続四台風の襲来で、道東・道北エリアのソバ栽培農家は大打撃を受けました。
  比較的被害の少なかった北竜町産と、台風被害はなかった蘭越産のソバ粉を弊店は使用してまいります。
 「遠くで淡い緑」の新そばの味わいを、ぜひお楽しみください。

● にしん蕎麦:Nishin Soba

にしん蕎麦

 ● 小樽前浜で穫れたニシンの棒煮をお蕎麦とご一緒に ニシン蕎麦:¥1,350円+税(地物粉) ¥1,200円+税(並粉):
 
 馥郁たる海の香り。
 小樽の前浜で穫れたニシンを一夜干し、弊店自慢の「そばつゆ」をベースに愛おしいほど柔らかく仕上げた「ニシン棒煮」をお蕎麦とご一緒に召し上がって頂きます。
 暖かい「かけ蕎麦」か冷たい「せいろ」のお好みでどうぞ。 
 後志(しりべし)エリアは蘭越産のソバ粉と小樽前浜海岸で穫れたにしん、山海の幸が器の中に織りなす、淡泊にして豊穣なるハーモニーの世界でございます。
 戦後、乱獲で姿を消したニシンが漁業関係者の稚魚の放流をして三年、2009年からニシンが大挙して産卵にくる『群来(くき)』現象が、小樽近隣の前浜で復活しました。
 そもそも「にしん蕎麦」は京都のお蕎麦屋さんが作ったメニューですが、そのニシンは「身欠きニシン」を戻して使用しますのでどうしても硬さがあります。
 弊店の「にしん蕎麦」は、箸を添えただけでほどける柔らかさと滋味が自慢です。

 

 カレーせいろ。:Curry Seiro Soba

新登場 カレーせいろ

●そば・カレーせいろ:地物粉麺 ¥1,050円+税 並粉麺 ¥900円*税
 ” 籔半に 絶えてつけ麺 なかりせば 夏の心は せいろカレー ”
 弊店小樽・蕎麦屋・籔半の五〇有余年の歴史的メニューである、”はまれば泥濘的病みつき蕎麦・「カレー蕎麦」”を、若女将の発案で「つめ麺」バージョンにしてみました。
 せいろ蕎麦を。熱々のカレー蕎麦のルーで、召し上がって頂きます。
 だからといって、カレーせいろの”ルー”は別仕立てで、このルーをせいろ蕎麦で召し上がって頂くのに1年板場スタッフは悪戦苦闘。
 とあるお客様が試食されて、
  ”アレ、アレを隠し味でやってみたら・・・。”
とアドバイスいただいて。
 それを試して板場一同頷いて・・・・
 若女将の発案に、お客様のアドバイスがスパイスになって完成しました。(^^)

 小樽・蕎麦屋・籔半ならではの、食がすすまない夏を乗り切る蕎麦メニューでございます。

新登場 カレーせいろlarge

" 世の中に スープカレーは数あれど せいろカレーは 薮半ぞのみ "

さあ、お試しあれ。


  ●暑いからこそ、籔半のカレー蕎麦:Curry Soba

カレー蕎麦_780

●そば・カレー蕎麦:地物粉麺 ¥1000円+税 並粉麺 ¥850円+税

 暑いときには、熱いメニューで暑さを征服する。
 はまれば泥濘的暖かい蕎麦のナンバー1のメニュー。
 お客様から「病みつき蕎麦」と命名されている、弊店のカレー蕎麦はそんなときに最適のおそばでございます。





そのほかの冷たいお蕎麦はこちら  そのほかの暖かいお蕎麦はこちら