呑む前に、弊店は日本酒「ひや」のオーダーは、「常温」でお出しします。

 人間の舌は体温に近い温度でもっとも旨味や甘みを強く感じるように出来ているのだそうです。
 そして体温に近い温度だと、胃壁からアルコールが吸収されやすい。
 そもそもアルコール分解酵素が少ない日本人は酔いが早いのですが、お燗をすると緩やかに吸収され、その分ゆるやかに酔いが回り、体への負担も小さくなるのだといいます。

 そういう話を見聞きすると、日本酒・純米酒は本当に日本人の体質にあった、素晴らしい酒なのだ、としみじみ思わせられる。
光文社新書「極上の純米酒ガイド」に掲載された「日本酒の飲用温度を表す言葉」によると、
15度から20度の間が「ひや」=「常温」。

逆に燗酒は、「ぬる燗」でオーダーし、それが次第に冷めていく「その冷め加減」で酒の旨味がどう変わっていくかを楽しむ。

温度で楽しむ希有の酒、それが純米酒の世界、日本酒の世界なのです。

 お燗の世界は、
「日向燗(ひなたかん)」・・・30℃
「人肌燗(ひとはだかん)」・・35℃
「ぬる燗(ぬるかん)」・・・・40℃
「上燗(じょうかん)」・・・・45℃
「熱燗(あつかん)」・・・・・50℃
「飛びきり燗(とびきりかん)」55℃
どうです、なんてネーミングでしょう。
もう「だら燗」なんて無粋な言い回しはやめて、あなたのお好みの燗あんばいを《この粋な言い回し》でオーダーくださいな。(だら燗の「だら」は出雲弁という説あり)
なお、お燗は湯燗では折角の名酒・純米酒には荒々しく、弊店はすべて「ちろり」で行います。

小樽・蕎麦屋・籔半・蕎麦屋の日本酒ラインアップ

 酒なくてなんのおのれが桜かな

 花咲いて呑み 散って呑み 鳥や虫が鳴いて呑む
 気象や季節の移ろいを誉めて呑み 荒天を憂いて呑む
 出会って呑み 門出に呑み 別れに呑む
 笑ってのみ 泣いて呑み 黙っても呑む
 結局 四季天気冠婚葬祭喜怒哀楽
 いかなる場面もきっかけとなり 時所構わず とりあえず呑む

 呑めるうちが花 それでいい
 年々歳々人同じからず
 年々老いて年々賢し
 過去よりも今 量より質が大切で
 年の功を旨く呑む

純米大吟醸 楯野川 源流冷卸(一合) ¥800+税

純米大吟醸 楯野川 源流冷卸 山形県 楯の川酒造

原料米美山錦(山形県産)
使用酵母山形KA
アルコール度数16度
精米歩号50%
日本酒度+2
酸度1.3-1.5
アミノ酸度1.1-1.2

 吟醸王国山形で、初めて全量純米大吟醸でお酒を醸すことを成し遂げた蔵元として有名。もろみを搾ってできたお酒をアルコール度数が高いまま火入れ殺菌し瓶詰めしていることから、楯野川の根源となるお酒と捉え、「源流」と命名されました。
 瓶詰め後に冷温下でひと夏を越しまろやかな旨味と奥行きのある味わいに加え、美山錦らしいキレのある酸味が、蕎麦屋の源流「新蕎麦」との出会いを渇望します。

純米きもと 龍勢 備前雄町(一合) ¥750+税

純米きもと 龍勢 備前雄町 広島県 藤井造場

酒本商店プロデュース

原料米雄町
アルコール度数16度
精米歩号65%

 1863年創業。
 良酒醸造に余念のない長男、藤井善文蔵元と、三男雅夫杜氏、出荷管理担当の次男達夫君、そして、善文蔵元の長男義大君も加わり、藤井一族の力を結集して酒造りをしています。  伝統の酒米「雄町」を100%使用し、酵母無添加の生もと造りで醸し上げ、大らかに熟成させたお酒です。
 酸味、辛さ、引き締め感のある渋みや苦み。後口のキレと深い余韻。相反する様々な要素が同居し、「食の個性を引き立てる酒」として相乗効果でより美味しくなる食中酒です。

第二回「蕎麦屋親爺の隠し酒」(一合) ¥600+税

原料米雄町
アルコール度数16度
精米歩号65%
酸度1.3

 北海道産酒造好適米「彗星」を使用した超辛口酒。
 本醸造酒。
 大辛口+16度の地酒です。
 味わいはキリッと爽やかでスッキリした口あたり。
 ですが、辛口でありながらお米の味も感じられる、とても飲みやすい食中酒。

さあ、銘柄はなんでしょう?(^^)

第二回「蕎麦屋板長の隠し酒」(一合) ¥750+税

原料米亀の尾
使用酵母山形NF-KA
アルコール度数15.3度
精米歩号50%
日本酒度+5
酸度1.5

 純米吟醸酒。
 育てにくく収穫量が少ない為、全量契約栽培のみの酒造好適米「亀の尾」で醸されました。
 大吟醸クラスのお酒で仕込まれてきましたが、蔵元が多くの人に味わっていただきたいとの思いで純米吟醸酒に。
 味わいもほのかな吟醸香、爽やかな酸とキレのある辛口です。
 冷、燗お奨めですが、お燗で呑んで頂きたいお酒です。

純米大吟醸 日置桜 強力(一合) ¥1,200+税

純米大吟醸 日置桜 強力 鳥取県 ㈲山根酒造場

原料米強力(鳥取県産)
使用酵母協会7号
精米歩号45%
日本酒度+7.5
酸度1.9
アミノ酸度1.3

 食中酒として、より映える、米の旨味を活かした芳醇で伸びやかな酒。
 さらりとした飲み口の後に、ほのかな甘みをしのばせた酒を造るのが上手い《 鳥取県日置郷の山根酒造場 》が、春を待つ心に酒を酌み交わす意を込めて「日置桜」と酒銘。
 昭和62年に早くも普通種にアルコール添加を全廃。
 鳥取県を原産とする幻の米「強力」はもともと良い酒を造りやすい米だが、そのかわり長稈かつ大粒なので倒れやすく
「強力を育てるのは荒馬を乗りこなすよう」
 と言われ、敬遠する農家を説得しての復活栽培に取り組み、平成元年純米吟醸づくりに成功したのが
「日置桜 純米大吟醸 強力」
 寝かせるほど粗さが消え、小気味よさの利いた旨味が出てくる強力米の特性を堪能できる酒。

純米吟醸酒 八海山(一合) ¥900+税

純米吟醸八海山 新潟県 八海醸造

使用米山田錦(麹米・掛米)
美山錦他(掛米)
使用酵母アキタコンノNo.2
アルコール度数15.5%
精米歩号50%
日本酒度+4.0
酸度1.2
アミノ酸度1.1

 つくり手の意志に強く裏うちされた《覇気》が伝わってくる酒がある。
 この純米吟醸・八海山もそういう酒。
 冷や(常温)でもバランスがあるし、
 燗にすると旨味とまろやかさが一層際立つ。
 吟醸酒を「燗」で楽しむ、それをしてもバランスが崩れない、そんな贅沢を味わえる酒として、ラインアップさせてもらった。

板長の隠し酒から正規日本酒ラインアップに!

純米吟醸中汲み 天穏(一合) ¥750+税

無濾過純米「天穏」 島根県 板倉酒造

原料米奥出雲産佐香錦
使用酵母島根K1
アルコール度数15-16%
精米歩号60%
日本酒度+5.0
酸度1.5

 第一回「板長の隠し酒」で提供していましたが、好評につき正規日本酒ラインに格上げします。
 佐香錦らしい品の良い綺麗さと、木槽搾りと無濾過の純米ならではのやわらかさがあります。
 口に含んだ瞬間、ふくよかな味わいが拡がり、「切れ味」という味があるならまさしくこのお酒と、板長がお奨めいたします。

生酛純米原酒 北力(一合) ¥750+税

生酛純米原酒・北力 北海道しりべし倶知安町・二世古酒造 酒本酒店・銘酒限定酒

酒本商店プロデュース

原料米北海道酒造好適米「吟風」
アルコール度数17.5度
精米歩号60%
日本酒度+4

 北海道しりべし倶知安町・二世古酒造 酒本酒店・銘酒限定酒
 二世古酒造杜氏と室蘭・酒本商店とのコラボ。
 北海道伊達で有機無農薬栽培された酒造好適米「吟風」を生酛造りで醸した。
 どっしりとしたコクとなめらかな酸味、しっかりとした旨味を兼ね備えた生酛らしい力強さを感じる原酒。

生酛純米酒 北力(一合) ¥650+税

生酛純米酒・北力 北海道しりべし倶知安町・二世古酒造

酒本商店プロデュース

原料米北海道酒造好適米「吟風」
アルコール度16度
精米歩号60%

 北海道しりべし倶知安町・二世古酒造
 二世古酒造杜氏と室蘭・酒本商店とのコラボ。
 北海道伊達で有機無農薬栽培された酒造好適米「吟風」を生酛造りで醸した。

 どっしりとしたコクとなめらかな酸味、しっかりとした旨味を兼ね備えた生酛らしい力強さを感じる原酒。

親爺の隠し酒から正規の日本酒ラインアップに!

超辛純米 花垣(一合) ¥700+税

超辛純米「花垣」 福井・南部酒造場

アルコール度数15度
精米歩号60%
日本酒度+12

 第一回「蕎麦屋親爺の隠し酒」で提供していましたが、好評につき正規日本酒ラインに格上げします。
 弊店蕎麦屋親爺のルーツ、福井県・大野市の名酒。
 日本酒度+ 12の純米酒。アルコール添加をしないため、優良酵母を完全発酵させてやっと実現できる数値です。その味わいは、軽くドライで味切れのいいものですが、米のうまみをしっかり残し、味幅も感じられます。「合焼き」など併せて呑むと、スパッと流してくれます。

純米酒 竹鶴・生酛(きもと)(一合) ¥1,000+税

純米酒 竹鶴生酛 広島県 竹鶴酒造株式会社

原料米八反錦広島産
使用酵母無添加
アルコール度数15以上16未満

 NHK連続ドラマ「マッサン」放映記念で、余市の街と余市ニッカ工場の応援で登場させました。
 ウィスキー・竹鶴21年ピュアモルトと同時にラインアップに入れました。
 ニッカウヰスキーの創始者・竹鶴政孝、その生家・広島県・竹鶴酒造の
生酛 竹鶴」。
 シェリー酒か、ウィスキーか、唸りながら味わうと綺麗な酸の利いた日本酒。
 「酸・味一体」が特徴。
 酸が旨味を支え艶やかさを醸し出します。
 合い焼きの鴨肉や焼きネギの香ばしさに調和する熟味。
 杜氏の石川達也氏は「ひこ孫」で有名な神亀酒造で修業され、
 力強い食中酒を志向されている。
 常温冷やかぬる燗でお楽しみください。

純米酒 鷹勇(一合) ¥750+税

超辛口純米 鷹勇 鳥取県 大谷酒造株式会社

使用米山田錦60%
玉栄40%
使用酵母協会 9号
精米歩号50%
日本酒度+10.8
酸度1.6

 熟成の遅さが真骨頂!
 男の酒「鷹勇」。
 その賛辞は現役屈指の名杜氏坂本氏の名と共に語られる。
 28歳で杜氏に就任。
 以来ベタ甘全盛の時からから一貫して、蒸し米を締め、麹を締めて、味を切らせた爽快辛口を醸し続ける。
 新酒の時期は水のようにさらりとした酒質。
 寝かせ時間をかけて適熟を待って出荷される酒の代表的存在。
 「鷹勇」の本領は、常温にちかい冷やかぬる燗で呑むこと。
 抜群にスベリがよくなる、男の酒「鷹勇」を如何が。

純米酒:熟成三年の熟成酒:ひこ孫(一合) ¥800+税

純米酒 ひこ孫 埼玉県 神亀酒造株式会社

使用米山田錦(徳島阿波産)
熟成期間3年
アルコール度数15.7
精米歩号55%
日本酒度+10.8

 蕎麦屋親爺が学生時代に知った純米酒。
 この純米酒を知ったときの衝撃!

 フルーティなどと訳もわからず酒を評するものには解らない。
 華やかさはないものの熟成酒のみが持っている枯れた香りと複雑な旨味は一度知ったらやみつき。
 大きな味のふくらみと対照的な後味の軽やかさがあり、独特の印象を醸し出す。
 神亀酒造は熟成酒に力を入れてきて、今日全量の約九割が一年以上寝かせた熟成酒をラインアップしている。
 神亀酒造は、昭和62年全国で初めて全量純米を達成した蔵で有名。
 その酒質を決定づけているのは、熟成の作用と時を経て味わいを増す酒にするためのきめ細かな気遣いにこそある。
 素人には触れることの出来ない製法を維持し続ける杜氏・上原氏、そしてまだ「山田錦」入手困難な時代から酒造好敵米の確保に奔走しついに吉野川上流の理想的な環境で栽培される「山田錦」を確保するオーナー・小川原氏との絶妙な関係が織りなす「ひこ孫」シリーズ。
 その原点・「ひこ孫・純米酒」で、常温にちかい冷やかぬる燗がお薦め。
 腰の強いこの「ひこ孫」には、 塩辛 や 塩雲丹 、ニシン切り込み などが最適の酒肴です。

山廃純米種 三井の寿 豊穣美田(一合) ¥700+税

山廃純米 豊穣美田 福岡県(株)みいの寿

原料米山田錦(福岡糸島産)
熟成期間1年
アルコール度数15
精米歩号70%
日本酒度±0

 純米酒にはしばしば「米の旨味」という表現が用いられるが、舌触りがなめらかで旨味の濃い、文字とおり「米の旨味」がぴったりの酒。
 「みいの寿」の「美田」シリーズは精白度、麹、酒母など様々に組み合わせを変えたバリエーションを誇る。
 そのなかでも、精米暮靄70%・総破精型麹・山廃モトの組み合わせで釀した「豊穣」が最も個性的に出来ている。
 派手な上立香は控えめで、米そのものの旨味が詰まり、甘みのないまろやかな香味が特徴。
 41度=ぬる燗のお燗で調和が深まり、味きれも良く、味の濃い料理が欲しくなる日本酒です。

菊正宗 びん詰純米樽酒(300m)¥800+税

樽酒清酒 兵庫県 菊正宗酒造

アルコール度数15
日本酒度+5

 菊正宗が、「樽酒びん詰め」製造発売五〇年を記念し、瓶詰め樽酒を「本醸造」から「全量純米酒」にして新発売です。
 樽酒に合う純米酒仕上げにするため独自の「キクマサLA酵母」を開発、優しい口当たりながら、味の濃さ、旨味を上げ、渋み刺激を押さえ込んだ上に、吉野杉の樽も自社製造で香りをまとわせ、飲み応えある「純米樽酒」の味わいになりました。
 一番香りの良い飲み頃を取り出し、瓶詰した本格樽酒。純米酒らしい余韻のあるうまみに吉野杉の爽やかな香りをまとった芳醇な味わいとキリッとしたのど越しが特長です。

厳寒本仕込み純米生貯蔵酒 北の錦 ¥850+税

北の錦 生貯蔵酒 北海道栗山町 小林酒造

原材料北海道産彗星100%
アルコール度数14%
精米歩合70%
日本酒度+5

 北の錦の生貯蔵酒が「本醸造」から「純米酒」にアップグレードしました。
 酒造好適米「彗星」を100&%使用し、のど腰、キレ、後味も爽やかに。
 食中酒に一層最適になりました。
 厳寒の時期に酒造好適米を長期低温発酵で仕込みました。
 雑味のない綺麗なお酒に仕上がって。
 柔らかですっきりした味わい。

純米生酒 北の誉 (300m)¥800+税

樽酒清酒 兵庫県 菊正宗酒造

原材料国産米100%
アルコール度数13%
精米歩合65%
日本酒度+3

 北の誉小樽工場は旭川に移転しましたが、小樽人は「小樽の酒」と今でも贔屓にしております。
 一切加熱処理していない、甘口のお好きな方にお奨めです。

北の勝 本醸造鳳凰(一合) ¥500+税

北の勝 本醸造鳳凰 北海道 根室・碓井勝三郎商店

 北の勝は、北海道最東端・根室市に百有余年前に誕生した由緒ある日本酒。
 自然に恵まれた北海道根室の風土に育まれた、時と匠の技が磨き続けてきたロマンの美酒。
 ブランドや知名度で日本酒を選んではいけないということを、この北の勝の存在が示している。
 本醸造酒では弊店で今最もお客様の人気のあるお酒です。

国稀 本醸造特選(一合) ¥550+税

国稀 本醸造 北海道増毛・国稀酒造株式会社

原材料国産米100%
アルコール度数13%
精米歩合65%
日本酒度+3
酸度1.2~1.4

 日本最北端・増毛の酒蔵・国稀酒造。
 増毛の良質の水と厳選した酒米・国産五百万石を65%まで磨き、辛口でキレのいいコクある、蕎麦屋の酒肴にベストマッチする「食中酒」です。

 情けないことに、今や高級料理店でも「燗酒」はベタ甘い本醸造酒を平然と出す時代になってしまって。
 キレとコクのある本物の本醸造酒との歴然たる違いを、「国稀・本醸造」を「常温冷や」か「ぬる燗」でお味わい下さい。

辛丹波 淡麗辛口本醸造(300ml) ¥750+税

辛丹波 本醸造 兵庫県 大関酒造

アルコール度数15%
日本酒度+7
酸度1.5

 大関酒造が酒処・丹波の風土で育んだ地酒、淡麗辛口本醸造「辛丹波」。

 丹波の郷愁と伝統そして素朴な土の匂いを感じさせます。
 辛口ですが雑味のない、口あたりサッパリのキリッとひきしまった淡麗辛口酒。
 その上、冴え、澄み、深みををさらに感じさせる逸品。

八海山 原酒仕込み「梅酒」(1合) ¥750+税

八海山 原酒仕込み「梅酒」新潟県 八海醸造

アルコール度数13%

「梅酒は爽やかだけど、甘ったるくていや・・・だ」
 と言う方に、ぜひとも味わっていただきたい梅酒です!

 八海山の原酒を使い良質な国産青梅を使用し、丁寧に仕込まれました。
 他の一般的な梅酒とは敢然と一線を画します。

 甘さ控えめの味でさわやかな青梅の香りと酸味を生かして造られています。
 甘さの少ないカロリー控え目の味は、食前、食後よりも、食中酒としてオススメです。