四季の酒 夏3本目

四季の酒 夏三本目

花垣 九頭竜 純米無濾過生原酒

一合 ¥770(¥700+税)

南部酒造場
福井県大野市産九頭竜使用
精米歩合 60%
日本酒度 +3
酸度 1.6

2021夏酒1本目《刈穂 六舟》、2本目《るみ子の酒 花火ラベル》どちらも好評につき完売御礼。
お盆も入るのでそろそろ秋酒といきたいところですが、夏酒最後にもう一本皆様に最高のお酒を提供したいと思います。

越前の小京都福井県大野市にて創業100年を越え、『手造りで目の届く量を丁寧に醸す』を信念とする老舗蔵【南部酒造場】の代表作【花垣】、この限定酒を手に入れました。弊店店主小川原家先祖は福井県から北海道小樽の地に至ったルーツがあり、取り分け格別な想いもございます。

一度は生産が途絶えましたが近年復刻した酒米【九頭竜】。
この九頭竜に名水と名高い御清水で醸されて、夕ごごろに似た優しく情感深い純米酒になりました。

残暑に冷酒で杯を酌み交わすもよし。
亡き人を思いながら上燗で浸るもよし。

弊店で好評をいただいている【花垣 超辛純米】との飲み比べもご堪能下さいませ。

こちらのお酒には、【茄子の揚げ浸し】を選んでみました。

一度素揚げした茄子と棒天に獅子唐を弊店の蕎麦つゆで浸します。
ほどよい辛さが九頭竜のシャープさを引き立ててくれます。

前の記事

四季の酒夏2

次の記事

四季の酒 秋1本目